Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マッチ売り」/草間さかえ

草間さかえ「マッチ売り」 CITRON COMICS

マッチ売り (CITRON COMICS)マッチ売り (CITRON COMICS)
草間 さかえ

リブレ出版 2010-10-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
セブンネットショッピング→マッチ売り

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんく


初めて読む作家さん。
挿絵では何度か見かけたことがあるんだけれど、積読中なんだ…。

舞台は戦後日本。
この廃退的で発展的、相反する雰囲気がたまらなくいい。

そして物語には二つのカップル。
恋文に振り回される男たちの見事な四角関係にそそられる。
まだ彼らは互いの関係に気付いていない。
それを知った時、どう動くのかが楽しみだ。

……でも、これ2005年から連載しているんだよね。
続きはいつ出るんだろう。なるべく早いといいなぁ。


スポンサーサイト

「KISS'N FOCUS」/うえだ真由

うえだ真由「KISS'N FOCUS」 ill.水姫暁乃 アイスノベルズ

KISS’N FOCUS (アイスノベルズ)KISS’N FOCUS (アイスノベルズ)
うえだ 真由 水姫 暁乃

オークラ出版 2000-10
売り上げランキング : 1043556

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


うえださんの昔の本。初出の雑誌が1999年…。
どうりでケータイはあってもメールがない。

29歳カメラマン×17歳高校生モデル。
一回り違うと考え方も感じ方も違う。
そういうところを書くのはうえださんは上手いと思う。

攻め・新田の大人で余裕があって、けれど経験が多い分柔軟に考えられないところとか。
一方の受け・樹が反抗期で、タバコ吸ったりお酒飲んだり親に当たったり一回限りの男あさりをしたりと荒れて我が儘になっているところとか。
ものすごく面白いわけではないんだけれど、いいなぁって思う。
樹のプロ意識がやや低いところはどうかと思ったけど。

樹があまり売れていないところがちょっと新鮮だった。
華やかな芸能界となるとトップアイドルとかが主役だけれど、アルバイトで主に広告のモデルをしていてこれから活躍していく場所にいる。
周りからちやほやされたりキャーキャー騒がれる描写がなかったからかもしれない。

「恋と太陽と完熟トマト」/伊郷ルウ

伊郷ルウ「恋と太陽と完熟トマト」 ill.麻生海 ガッシュ文庫

恋と太陽と完熟トマト (ガッシュ文庫)恋と太陽と完熟トマト (ガッシュ文庫)
伊郷 ルウ 麻生 海

海王社 2010-06-28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
セブンネットショッピング→恋と太陽と完熟トマト

お気に入り度 


この著者は2冊目。
初めて読んだのはイラスト目当てで買ったプラチナ文庫。
えろしかなかったが、読めなくはなかったので今回もイラスト目当て。

さぁ、麻生さんのイラストを堪能するぞ! と思ったのだが……


……だめだ!
もう無理!!



以下、途中放棄するまでの感想。

「世界の果てで待っていて」を読んだという話。

「世界の果てで待っていて―嘘とナイフ―」がやっと出た。
何気にちょっぴり延期したりもしたが、無事に読むことができた。
22日に届いて(bk1さすが!)すぐに読んだのだが、2日経っても余韻に浸っていてうまく言葉が出てこない。

今回は殺人事件で、より探偵&警察ものとして楽しめる。
その分ラブは少ないのだが(キスしかしてない)、もう充分あの数ページで死ねる…。
黒澤もいいが、揺れ動く櫂谷がツボだった。
好きすぎてどうしようかと心配になってしまう。
なので感想は落ち着いてからゆっくり書こうと思う。
天使の傷痕も読み返したいし…。

そういえば、天使の傷痕は読んだのがブログ開始前だったから感想を書いていない。
思い返せばBLはまりたてのころに読んだ本にお気に入りが多いなぁ。
たけうちさんと高遠さんによってはまったも同然だから…。

クシエル(BlogPet)

和音は、クシエルっぽい刊行するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「しょーび」が書きました。

BLCD「ロマンスの黙秘権」/うえだ真由

うえだ真由「ロマンスの黙秘権」 BLCD/インターコミュニケーションズ




ほうほう。
メーカーで通販すると発売日より早くゲットできるのね~。
25日発売なのだが21日に届いた。
原作が好きなので、聴いてみようと思ったのだ。

原作感想→1巻2巻3巻
そういえば同人誌の感想を書いていないなぁ。あっちのほうが面白いのに(オイ)。


以下、感想。特にネタバレはないが折りたたんでみる。

「リベット」/木原音瀬

木原音瀬「リベット」 ill.藤田貴美 Holly Novels

リベット (Holly NOVELS)リベット (Holly NOVELS)
木原 音瀬 藤田 貴美

蒼竜社 2006-09-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
セブンネットショッピング→リベット

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


激痛な話のようだが…。
普通に読んでしまった。
面白かった。
重い題材ではあったが、読後感は朗らかだ。


以下、感想。


Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。