Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

「青い蜜月」/うえだ真由(BlogPet)

和音の「「青い蜜月」/うえだ真由」のまねしてかいてみるね

うえだ真由「青い蜜月」ill.如月弘鷹SHYノベルス青い蜜月(SHYノベルス青い蜜月(SHYノベルズ)うえだ真由「青い蜜月」ill.如月広鷹SHYノベルズ)うえだ真由如月弘鷹大洋図書2004-10売り上げランキング:500700Amazonで詳しく見るb

*このエントリは、ブログペットの「しょーび」が書きました。

「青い蜜月」/うえだ真由

うえだ真由「青い蜜月」 ill.如月弘鷹 SHYノベルス

青い蜜月 (SHYノベルズ)青い蜜月 (SHYノベルズ)
うえだ 真由 如月 広鷹

大洋図書 2004-05-10
売り上げランキング : 500700

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんく


医大生の冴未は地域に唯一の総合病院の跡取りである。
同じ家に暮らす医師・晃貴に恋心を抱いていた。
しかし、ある日突然、父親の横領が明らかになり、晃貴に匿われることになる。
父にも母にも愛されなかった冴未にとって親身に接してくれる晃貴は信頼出来る存在だったのだ。

さすがに医大に通っているだけあるというべきか、自分の置かれている状況について晃貴の言うことを鵜呑みにすることはなく、つじつまの合わない事柄に気付いてしまう。
ほとんど冴未視点で書かれているのだが、時々晃貴視点で書かれている部分があるので晃貴が何を考えているのかわかりやすいのはありがたい。彼は冴未が自分に恋していることに気付き、長年両親に関心を持たれてこなかったところを自分が可愛がったことで信用していると考えていた。
けれどすれることなく純粋に育った冴未にとって、どんなに自分を見てくれなくても両親を想い、両親に好かれたくて無理だといわれつつも医師を目指したのである。冴未は晃貴の言いなりになるはずはなく、病院で逃亡した父を待っているという母に会いにいこうとする。
晃貴は冴未を無理矢理抱き、さらに足に鎖をつけ、監禁してしまう。

ただ弱いだけの受けではないところが冴未に好感が持てるところだ。
上記にもあるように、人の言うことをただ信じず自分で考えることができ、失敗するがサッシに椅子を投げつけてガラスを割り、外界に気付いてもらおうとする行動力もある。
持病である偏頭痛を利用して晃貴に外に連れ出させるのもなかなかすごい。

けれど、現実はそう甘くなくて、父が横領の上金で医療ミスを隠蔽し他人に擦り付けていたこと、晃貴が父を恨んでいて復讐を企んでいたこと、母が副院長と不倫していたこと、両親が自分を欲しがっているのが自分の保身のためであること、冴未の周囲には欺瞞と悪意が満ちていたことを知ることになる。
その上冴未の淡い恋心は晃貴に無理矢理犯されたことで踏み躙られ、晃貴が自分の家に近づいたのが復讐のためであったとなれば、冴未の心はずたずたである。
そして何の反応も示さずぼーっとしているだけになってしまった。
個人的には生ける屍のような冴未を必死で世話し、悔いる晃貴がものすごくつぼだった。

最後はなんともドラマチックな展開でふたりは両想いになる。
唯一甘い雰囲気のラストだが、二人の周囲の人間たちがあまりに私利私欲に塗れていて気分が悪いので、すっきり晴れやかな気分にはなれない。
やっと心が通じて初めてキスをして、でも本当に穏やかな日常を取り戻せるのはまだ先のようなので、ラブラブな読みたいなぁ。


…って番外編同人誌を持っていたので今度読んでみるかな。
こういうテイストの話は大好きだから、甘いのもいいけどもっと書いてくれないかと思う。

「泥棒猫」/鈴木あみ

鈴木あみ「泥棒猫」 ill.街子マドカ 二見シャレード文庫

泥棒猫 (二見シャレード文庫 す 3-3)泥棒猫 (二見シャレード文庫 す 3-3)
鈴木 あみ 街子 マドカ

二見書房 2009-08-21
売り上げランキング : 13770

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


女性にのみ感染する謎の奇病で男性しか存在しない世界が舞台。
なので、科学者たちはどうにか子孫を残そうと人工子宮なんかの研究をしていて、主人公たちも研究者。
そしてこの世界、どういうわけか動物のミミと尻尾が生えてきた男性がおり、彼らはミミつきと呼ばれる。
しかもミミつき、男を惹き付けるフェロモンを出すからとても危険(主に貞操が)。

色々突っ込みたいのは山々だが、尻尾の可愛さにノックアウトされたので気にしないことにした。
自分の意志と関係なく、感情が出てしまう尻尾。
眠いのに尻尾を触られて気になってしまって尻尾をぱたぱた…。
可愛すぎだろう。
もっとミミの描写もあればいいのに。
っていうかあのミミは聞こえるんだろうか。


「ウサギ狩り」という本のリンク作なのだが、そっちは読んでなくても大丈夫だった。
今度は犬が出るようだが、むむむ。どうするべきか。
でもいくらミミや尻尾が可愛くても、ストーリーがよくないとすぐに飽きちゃうんだよな…。

「雪が降る」/藤原伊織

藤原伊織「雪が降る」 講談社文庫

雪が降る (講談社文庫)雪が降る (講談社文庫)
藤原 伊織

講談社 2001-06-15
売り上げランキング : 22423

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんくハート 赤


この著者の作品を読むのは2冊目。
乱歩賞&直木賞を受賞した「テロリストのパラソル」がよかったから他にも読みたいと思ったのだけれど…。
これがすごくよかった!

6編を収録した短編集。
どれもタイプの違う話なのだが、共通するのは静謐な空気の中のせつなさと狂気や残酷さ。
会話が非常に巧みなので面白く読めるのだが、それだけではないのがすごいところ。
特に表題作が私は大好きである。
亡くなってしまったのがとても残念でならない。


以下、感想。

「しずるさんと無言の姫君たち」/上遠野浩平

上遠野浩平「しずるさんと無言の姫君たち」 ill.椋本夏夜 富士見ミステリー文庫

しずるさんと無言の姫君たち―The Silent Princess In The Unprincipled Tales (富士見ミステリー文庫)しずるさんと無言の姫君たち―The Silent Princess In The Unprincipled Tales (富士見ミステリー文庫)
上遠野 浩平 椋本 夏夜

富士見書房 2006-12
売り上げランキング : 153251

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんく


しずるさんとよーちゃんの物語、3巻目。
ハードカバーの「騎士は恋情の血を流す」があるようだけれど、二人の関係がより深まったことでとりあえず一区切りついているようである。

とにかく二人の情報が少なくて、謎に満ちている。
一番のミステリーはしずるさんの病気や入院している病院なんじゃないかと思う。
Wikipediaを見ると、著者の他作品と繋がりがあって、その中で書かれていることもあるようだが、むしろこの不思議さを楽しむのもいいんじゃないかと思う。

内容は、物語に登場する姫たちを彷彿とさせる事件。
そんなのってアリなの?と思わずにはいられない事件の真相には毎度驚かされる。
ミステリーとしてもラノベにはもったいないくらい質が高い。

「Un roman de I'amour」(全サ小冊子)/高遠琉加

高遠琉加「Un roman de I'amour」 2ヶ月連続刊行記念小冊子/角川ルビー文庫

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんくハート 赤


今年1月発売「成澤准教授の最後の恋」、2月発売「好きで好きで好きで」(新装版)の全サ小冊子。
楽しみに待っていたのでとても嬉しい。
2編収録のA5サイズ全32ページ。

あとは「愛と混乱のレストラン」の全サが届いて、「世界の果てで待っていて」が発売して…。
今年は高遠琉加イヤーだなぁ


「屋上のスタンダール」(「成澤准教授の最後の恋」番外編)

蒼井が働く編集部の副編集長・葛城視点の高校時代の成澤。
これが高校生か!?ってくらいすかしたやろーなナルナル。
女をとっかえひっかえ状態なのだが、葛城にスタンダールの「恋愛論」を話しているところをみると、恋をしているというより恋に憧れているだけのよう。
彼の初恋は蒼井なのだから恋をしていないのは当然なのだが、高校生の成澤は意外に純情だったようだ。
簡単にぽいっと振って泣かせてしまっても何も感じないあたりは酷い男なのだが、根底にあるのはフランス文学のような恋愛への憧憬なのである。
大人の成澤は駆け引きを楽しむ狡猾さを身につけて遊んでいたが、まだ子どもの彼は素直でちょっと可愛らしく思えてしまう。

そして蒼井にめろめろな成澤も読めて大満足。
やっぱりナルナルは可愛い人なのかも知れない。


「恋は雪のように降りつもる」(「好きで好きで好きで」番外編)

ノベルズ発売時に小bに掲載されたショート。
二人が高校生の時、三浦が告白する前のほのぼの日常。
お鍋いいねぇ。
家庭の味が一番出ると思うんだ。

「熱情のきずあと」/柊平ハルモ

柊平ハルモ「熱情のきずあと」 ill.緋色れーいち ガッシュ文庫

熱情のきずあと (ガッシュ文庫)熱情のきずあと (ガッシュ文庫)
柊平 ハルモ 緋色 れーいち

海王社 2006-03-24
売り上げランキング : 216567

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんく


15年越しの再会愛?
弁護士×医師で、「背徳のくちづけ」のスピンオフ。
「背徳~」は読んでいなくてもまったく問題なし。
(背徳~は弁護士×高校生で保護者ものだった。設定はすごく好き)

二人は大きな法律事務所を構える弁護士の養子である。
しかし彼らは愛し合っていることがバレ、受けは攻めを守るために攻めに露悪的な態度を取って彼の元を去るのである。
せつない成分はたっぷりあるのだが、う~ん。
好きなタイプの話なのに、楽しめなかった。
攻めを好きだという気持ちを口に出して否定することができなくて、「嫌いになった」とは言えない受けなんてすごくいいと思うのに…。
私の心の琴線には触れなかった。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR