Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書記録 2009年の総まとめ

今年も今日で終わり…。
時が過ぎるのが早いなぁ。

今年は一般・ラノベ・BL合わせて小説は、364冊読了。
コミックはまめに記録をつけなかったために不明。
1日1冊には1冊足りない…。

今年の目標は250冊読むことだったから、これは達成。
一般書籍の比率を一割にするというのは無理だった。
4%だった。……四捨五入して(少なっ)。


2009年、一年間の読書記録

購入数:小説623冊/コミック139冊/その他26冊
読了数:小説合計364冊/一般文芸16冊/ラノベ40冊/BL308冊/コミック不明
積読:497冊

スポンサーサイト

購入記録 2009.12-3

今年最後のお買い物。
高遠さんの本は来年最初に読もうと決めている!


「黄金を抱いて翔べ」 高村薫/新潮文庫
「神の火 下」 高村薫/新潮文庫

「“文学少女”見習いの、傷心。」 野村美月/ファミ通文庫
「妖奇庵夜話 その探偵、人にあらず<」 榎田ユウリ/角川書店(ソフトカバー単行本)
「少年舞妓・千代菊がゆく! 突然のプロポーズ」 奈波はるか/集英社コバルト文庫
「にゃんこ亭のレシピ4」 椹野道流/講談社X文庫ホワイトハート

「鋼の錬金術師 24」 荒川弘/ガンガンコミックス
「結晶物語 2」 前田とも/ウィングスコミックス


「恋を知る日」 可南さらさ/二見シャレード文庫
「成澤准教授の最後の恋」 高遠琉加/角川ルビー文庫
「不埒なモンタージュ」 崎谷はるひ/ダリア文庫
「一途な夜」 砂床あい/B-PRINCE文庫

「志水 ゆき全集 LOVE MODE 3」 志水ゆき/ディアプラスコミックスDX


「夢のつづき」

遠野春日「夢のつづき」 ill.金ひかる リーフノベルズ

夢のつづき (リーフノベルズ)夢のつづき (リーフノベルズ)
金 ひかる

リーフ出版 1999-03
売り上げランキング : 88579

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく



「茅島氏の優雅な生活」に出てくる内科医の話。
茅島氏の月に一度の健診を行い、友人でもあり、会うたびキスする仲の聖司である。

本編はお相手で外科医の友臣視点。
聖司に対して酷い態度をとったことがあったとはいえ、状況的には仕方がなかっただろうと思えるし、なかなか心の強い好人物である。

読みながら、茅島氏に聖司が登場した時系列を考えた。
あの話はきっとこのへん、茅島氏がああ言っていた時には友臣と幸せになった頃…
リンク作を知っていると楽しいもの。
(知らなかったらできない楽しみ方)

注目は聖司の兄、義明。
散々聖司に酷い仕打ちをするが、実は好きだったというもの。
だいぶはじめの方で気付いていたけど、ところどころに聖司への気遣いが見えて、こんな愛し方しかできない彼がかわいそうに思えた。
義明は聖司への気持ちを最後まで認めない。
たぶんあの性格では死ぬまで認めないだろう。
あまり義明について書かれていないのは残念だった。
彼の聖司への愛憎、性格の歪みの原因はどこかにあるはずである。
多分に家庭環境だと推測できるが、もっと聖司の家のことを知りたかったかも。

友臣視点の聖司との恋愛ストーリーとしては、ドロドロしすぎて邪魔になるかもしれないから、これくらいでいいのかな。

「君を抱くまなざし」

たけうちりうと「君を抱くまなざし」 ill.石原理 SHYノベルス

君を抱くまなざし (SHYノベルス)君を抱くまなざし (SHYノベルス)
石原 理

大洋図書 2001-07
売り上げランキング : 432009

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


カバー折り返し(そで)の著者・イラストレーターの一言の欄。
石原さんのところで『正しくガテン』という言葉が出てきている。
本当に正しくガテンだ…。

攻めの司馬はトンネル掘り。父親も祖父もトンネル掘り。
30前で、既に現場監督を任せられている。
下品なところはあるが、部下思いでいいやつ。

司馬があまりにも正しくガテン過ぎてとっつきにくく感じてしまい、一度読むのを諦めてしまった。
けれど、2日後に再チャレンジし、1時間半かけて一気読み。
お風呂で読んだのだけれど、こんなに長くお湯に浸かっていたのは初めてだ。

受けの一之瀬は大学院生で、遺跡の調査をしている。
司馬が働く沖縄の海洋工事の現場で遺跡らしきものが発見され、工事によって遺跡が損壊するおそれもあるので、至急調査にきたのである。
遺跡を調査するにはトンネル工事は中断、遺跡が本物なら中止になることもありうる。
司馬たちにとって一之瀬は敵だった。

一之瀬の意地っ張りな性格が災いしてか、司馬とは顔を合わせれば口論になる。
けれど、一之瀬に惚れてしまった司馬は冷たくしきれず。
男気にあふれ、頼れる兄貴であり、恋する相手には優しい。
見た目も仕事も汗臭そうで体力勝負、正しくガテンだけど、司馬はいいやつだな。

司馬の友人(?)であり、国交省のエリート官僚・堂島がなんとしても遺跡調査を妨害し、トンネルを完成させようとするが、司馬の一之瀬への世話焼きが邪魔して、嫌がらせは成功しても効果はない。
堂島が最終的に一之瀬に惚れてしまったのには、ちょっと笑った。
あれだけひどいことしたら、振り向いてもらえる可能性はゼロだろうからね。
堂島といえば、こっそり入れた名刺は発見されずに終わったようだけれど、なにかオチがあったほうが面白かったかも。

司馬のかわいい部下の長谷、堂島が送り込んだスパイの宇留野もとてもよかった。

遺跡や自然の保存と、生活の利便性についても考えられる一冊だった。

古本通販サイトに古本を売る。

昨日、本を売るために、宅配便で送った。
何度か利用したことのあるボーイズラブ専門の古本屋さん。
実店舗もあるらしいが、新幹線でも使わないと行けないほど遠いので当然ネット通販で。
家の近くの古本屋や、ネット通販の古本屋でもブック○フや@古本○場より、BLなら少しは高く売れるかな~とおもったから利用を決意した。
とりわけ近くの古本屋に大量のBLを持っていくのは気が引けたというのもあるのだけれど。

便利なのは宅配便で送ってしまうこと。
売りたい本をスーパーでもらってきたダンボール箱につめて、予め請求しておいた伝票を貼るだけ。
電話をして荷物をとりにきてもらえばいいので、重い箱を運ぶ必要なし。

20091224171150.jpg

小説158冊、コミック15冊。計173冊。
値段のつかないものもあるかもしれないけれど、どれくらいになるのか楽しみだ。(12/25)


以下、結果。

「桜の下の欲情」

秀香穂里「桜の下の欲情」 ill.汞りょう キャラ文庫

桜の下の欲情 (キャラ文庫)桜の下の欲情 (キャラ文庫)
汞りょう

徳間書店 2009-10-23
売り上げランキング : 40727

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


「くちびるに銀の弾丸」のナイトシステムが出てきた…。
ちょっとだけリンクしてるのって、見つけると楽しい。
遠野さんあたりの作品同士のリンクはリンクしている作品を読まないと意味不明なんだけど、これは知らなくても問題ないように書かれていてよかった。
リンクしていることに、最後まで読んでから気付いたから…

日本画家・九重×雑誌編集者・本郷。
芸術家の天才ゆえの苦悩とか、本郷の記事の書き方だとか、お仕事がよく書かれていて面白かった。
私自身が某科学雑誌を講読しているのもあって、宇宙や星には興味があるから、本郷が宇宙オタクという設定が好きだ。
本郷が少しずつ成長していって、彼の純情で一生懸命なところが九重も前進させることができたんだろうな。

わりと好きな二人だ。

「LOVE MODE 3」

志水ゆき「志水ゆき全集Vol.3 LOVE MODE3」 ディアプラスコミックスDX

志水 ゆき全集 LOVE MODE (3) (ディアプラス・コミックス・デラックス)志水 ゆき全集 LOVE MODE (3) (ディアプラス・コミックス・デラックス)

新書館 2009-12-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


【MY DEAREST】(蒼江×直也編)
天涯孤独と思っていた直也に祖父が現れ、引き取ると言ってくる。
しかも、直也の祖父は大企業の創業者で、蒼江にとって分の悪い相手。
なかなか嫌なおじいちゃんだけど、養子の亘との関係など、わりとありがちな展開だった。
直也が素直でいい子で、蒼江が好きで、蒼江にかなり影響されていることがとてもよくわかる話だった。

【すばらしき日曜日、すばらしき金曜日、病ミ上ガリノ夜空ニ】(蒼江×直也、晴臣×葵一)
2巻のプロフィールで葵一を女王様とか暴走機関車とか書いてあって、そんな人なのかな~と疑問に思っていたのだけれど…。
暴走機関車はちょっと違うような気もするけど、うん、まぁ、たしかに…。
晴臣と葵一、ちょっとだけ登場した天雷と一星にはいろいろ謎がありそうなので、今後が楽しみ。
蒼江と直也はついに肉体的な意味で結ばれたけど、直也の反応は可愛くていいね。
和泉だとコメディだものな…

【FLY ME TO THE HEAVEN】(誠一×朋樹編)
B&BのNo.1、誠一と客の朋樹。
朋樹は実は病に冒されていて、病院で偶然出会った誠一に恋をし、最後の恋を叶えたのである。
彼らが本当の恋人同士として過ごせた時間は短いだろうけど、朋樹は本当に幸せなのだろうな。
それにしても、手術が難しい部位に大きな腫瘍ってさ、意識障害とかなんか出ててもおかしくないんじゃないかな、と考えてしまった。




Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。