Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リベット」/木原音瀬

木原音瀬「リベット」 ill.藤田貴美 Holly Novels

リベット (Holly NOVELS)リベット (Holly NOVELS)
木原 音瀬 藤田 貴美

蒼竜社 2006-09-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
セブンネットショッピング→リベット

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


激痛な話のようだが…。
普通に読んでしまった。
面白かった。
重い題材ではあったが、読後感は朗らかだ。


以下、感想。


スポンサーサイト

「POLLINATION」/木原音瀬

木原音瀬「POLLINATION」 ill.金ひかる B-BOY NOVELS

POLLINATION (ビーボーイノベルズ)POLLINATION (ビーボーイノベルズ)
木原 音瀬 金 ひかる

リブレ出版 2007-07
売り上げランキング : 206306

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


「WEED」「FLOWER」に続くシリーズ3作目。
表紙が非常に恥ずかしいのだが…よかった、ネットで買って。

前作「FLOWER」の感想を読み返して、第一印象は、酷い、悲しい、ざまぁみろと書いているがその通りだったなぁと今も思う。
今作はその主人公・谷脇の新しい恋の話である。
こっちは、酷い、酷い、でも意外にそれでいいのかもしれない……である。

木原さんの本はこのシリーズしかまだ読んでいないのだが、なんだか普通のBLでは書かれないようなことを書く人だということはたった3冊で理解できた。
今度は何を読もうかなぁ…

「FLOWER」/木原音瀬

木原音瀬「FLOWER」 ill.金ひかる B-BOY NOVELS

FLOWER (ビーボーイノベルズ)FLOWER (ビーボーイノベルズ)
金 ひかる

リブレ出版 2007-06
売り上げランキング : 19992

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


『WEED』のスピンオフ。
鼻持ちならない心臓外科医・若宮の悪友、谷脇が主人公。
あの谷脇が主人公か、さぞかし胸くそ悪い話だろうと思っていたが、なるほど。
第一印象は、酷い、悲しい、ざまぁみろ

谷脇が遊びのターゲットに選んだのは、大人しそうな医大生・松本。
酒に弱いと聞いて、泥酔させてお持ち帰り。
甘い言葉で心も落とし、身体を弄んでいるのだ。

谷脇にとって松本は楽しいオモチャ。
松本にとって谷脇は、酷いことをされてもどうしようもなく好きになってしまった人。

谷脇の思い通りに松本が動いたのは最初のうちだけで、松本が意外と聡く、偶然もあって谷脇の思惑に松本は気付いてしまう。
上手く松本を踊らせることがことができずに苛立つ谷脇。それはオモチャが思い通りにならないからか、隠れた恋情からくるものなのか。たぶん両方だったのかもしれない。

最後は松本は若くして胃癌で亡くなる。
消化器外科医で、医者として最低の人間でも手術の腕は一流の谷脇に松本は手術を依頼する。
どんなに弄ばれても谷脇が好きで、少しでも長く側にいたかった気持ちがせつない。
迫りくる死への恐怖に負けそうな自分を好きな人に見られたくないと思う矜持も悲しい。

失ってから気付いた谷脇には同情は必要ない。
それだけのことを彼はしてきたし、相応の罰が下ったのである。
容赦ないが。

「WEED」

木原音瀬「WEED」 ill.金ひかる B-BOY NOVELS

WEED (ビーボーイノベルズ)WEED (ビーボーイノベルズ)

リブレ出版 2007-05-18
売り上げランキング : 171703

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


初めて読んだ、木原さん…。
なんだか怖くてとりあえず買いはするけど読めなかったのだ(無駄遣い)。
で、延々君好きばかり読んでてまったく別のものを読みたくなったので、思い切って読んだ。


地味で走るのが好きな引越し屋(年下、妻子を事故で亡くす)・岡田×傲慢な心臓外科医・若宮。
最初は若宮と若宮の悪友・谷脇が岡田を強姦するところから始まり…
若宮の傲慢で鼻に付く態度や谷脇の若宮以上の性格の悪さに、岡田がちょっとかわいそうになり。

けれどだんだん若宮が可愛く見えてくるのだ。
本当の恋をしたのはきっと初めてで、岡田のちょっとした言動にイラついたり、岡田が自分の知らない女性と話していたというだけで嫉妬したり。それが持ち前のプライドの高さと傲慢さで岡田にあたったり浮気したりするもんだから、仲がこじれたりして若宮の思い通りにいかない。

岡田はもうちょっと亡くなった妻子を悲しんだり葛藤したりしてほしかったのだが、恋愛体質だという彼は若宮との恋に溺れてちょうどよかったのかな。
メソメソされてもしらけるしなぁ。でも、岡田の心の中で何もなかったはずはないんだから、そこらへんを丁寧に書いて欲しかった気もする。
若宮も家族を失ったと言うことに対して、大した気遣いもしていないし。するようなやつには思えないけど、岡田が女性と結婚して家庭を持つことを望んで自分を捨てるかもしれないと不安になっていはいるんだよね。自分本位で相手の気持ちを考えないのはどうかと思うよ。岡田はそれでも若宮が好きなんだろうけど。

岡田を褒めたいのは、抱くのはいいけど抱かれるのは嫌だというプライドがヒマラヤより高そうな若宮に抱かれることを許させたこと。
いや、これは岡田を褒めるよりは若宮に、そんなに好きならもっと素直になりなさいよ!と言うべきかな。


この後2冊続編があるようだが、どうやら谷脇の話らしい。
これで一応満足してるから、とりあえず買わないでおこう。お金もないし。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。