Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「傷痕」/火崎勇

火崎勇「傷痕」 ill.夏目イサク ラピスキュリオ

傷痕 (ラピスキュリオ)傷痕 (ラピスキュリオ)
火崎 勇 夏目イサク

プランタン出版 2004-08-31
売り上げランキング : 426305

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


主人公たちの関係性はなんとなく「束縛の呪文」を彷彿とさせた。
いや、結構異なるところはあるんだけれど、受けが攻めに愛想尽かされないために愛情を隠しているところはにている。
そういえばラピス文庫って色々あるけれど、何がどうちがうのかよくわからない…


主人公・見沢は大学生。中学からの友人・志宮とはキスをしたり抱き合ったりする。
最後まではやらない。
好きで愛しているけれど、自分の気持ちははぐらかして本心は伝えない。
なぜなら、女の子にもてる志宮は彼女が独占欲を見せると鬱陶しがって振ってしまうのを何度も目にしているから。
愛していると言って独占欲を見せればたちまち離れていくだろう。
友達だったらごめんで仲直りできるけれど、恋愛ではそうはいかない。
見沢は志宮と一緒にいるために、違う大学に進み、同居の話を断ったのである。

見沢が志宮に嫌われたくなくて、けれど他の女の子たちと遊んでいるのをやめろと言えないのがせつない。
見沢視点で話が進むので、志宮が何を考えているのか最後までよくわからないのだが、見沢が好きでたまらなくて苦しんでいるのに、複数の女の子たちと体込みで遊んでいる志宮のことは殴りたくなった。

結局のところ、志宮も見沢が好きで、見沢が抱かれることに嫌がるそぶりを見せるから気を遣って他の女の子を代わりにしていたというのである。
分かりにくい愛情表現にやっぱり殴りたくなった。しかもその方法自体最低だし。
別れを恐れて気持ちを伝えなかった見沢も悪いのだろうが、志宮のほうがずっと悪い。

最後はハッピーエンドでよかったねぇって感じだが、志宮にはあまり好感は抱けない。
むしろ、気に入ったのは見沢の友人たち。
今どき結婚するまでえっちはしないという堅物・道下と教授と不倫して見沢に同病相哀れむで好意を寄せていた鹿賀。
見沢の苦しい思いを聞いてくれるいい友人だなぁと。
そして道下に関しては、登場人物の中で付き合うなら絶対こいつがいいと思う。
誠実に愛してくれそうだ。

スポンサーサイト

「いたいけなケダモノ」

火崎勇「いたいけなケダモノ」 ill.陸裕千景子 B-BOY-NOVELS

いたいけなケダモノ (ビーボーイノベルズ)いたいけなケダモノ (ビーボーイノベルズ)
陸裕 千景子

ビブロス 2001-06
売り上げランキング : 594033

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんく


愛したい不器用な大人と、愛されたい臆病な子どもの話。

金はあれど、真面目に働かず、特定の恋人を持たずに遊ぶ冬柴。
ある日友人の真鍋に親戚の子どもを預かってくれと頼まれる。
16歳の少年、果南は影の薄い綺麗な子どもだった。
真鍋に押し付けられる形で二人の生活が始まる。

冬柴は相手に贈り物をして喜ばせることが好きである。
それが冬柴の愛し方なのだ。
しかし、果南は愛されたことがなかったため、甘え方を知らなかったので、冬柴は苛立つ。

果南はとても感情が少ない。
少ないが、とても素直である。
必死に愛されるために、冬柴の愛し方に応えようとする。
とりわけ銀のスプーンのエピソードは恋愛の愛情ではなく、もっとも基本的な愛である母の愛情・家族の愛情を渇望していることが伺えた。
拙い感情の表現といじらしい言動に、せつなくなった。
ぎゅっと抱きしめてあげたくなる。

冬柴が誤解をといて本当の果南を知ったとき、ふたりの欲求はぴったりと重なる。
冬柴は愛したい、果南は愛されたい。

けれど、そうではないのだなと、真鍋という壁があってわかる。
果南がただ愛されたかったら、相手は誰だっていいし、そもそもそこに性愛は含まれない。
果南は冬柴を愛したいと思い、冬柴の欲望を受け入れたのだから、それは恋愛感情なのだ。
お互いに愛し愛されるふふたりの姿はとてもよかった。


ぎすぎすした感情がなく、ゆったりと感情の動きで進むこういう話がやっぱり好きだな。

「隣人に恋の降る」

火崎勇「隣人に恋の降る」 ill.北上れん アズノベルズ

隣人に恋の降る (アズ・ノベルズ)隣人に恋の降る (アズ・ノベルズ)

イーストプレス 2007-01
売り上げランキング : 395742

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


主人公、羽曳野は田舎で土いじりをしている青年。
隣人で、仲良しのおじいちゃんに頼まれたので、東京のある会社で働くことに。
住居も面倒を見てくれ、さらに勤め先は一流商社。
何者だ、このおじいちゃん…となんとなくおじいちゃんの正体に気付きながらも読みすすめた。

会社の同僚で、羽曳野の面倒を見てくれるのはふたり。
マンションの隣人、渋谷と親が会社のお偉いさんな宮川。
一番仕事ができない羽曳野が、一番大人なのが面白い。
仕事ができないといっても、商社の仕事がきないってだけで、本業はそれなりにやっているようだし、とてもしっかり者なのだということがわかる。
いくら仲良しのおじいちゃんの頼みとはいえ、だいぶ無茶なお願いを聞いたもんだと、少し優しすぎるきらいはあるのかもしれないけど。

いっぽう、ひとりで羽曳野を疑ったり惹かれたり怒ったりと忙しかった渋谷。
こいつもなんとなく読めてはいたけど、そこはスルー。
できる商社マンだけど、にんじん嫌いだったり、意外と感情の起伏が激しいようで可愛げのある男だ。
一見すると渋谷のほうが羽曳野より強そうだけど、やんわり尻にひかれそうだ。

宮川は、嫌なタイプ…かと思いきや、そうでもないのか。
悪役になりきれてないので、中途半端にぶらさがってるのが気になる。

おじいちゃんのたくらみはおもったよりでかかった。
羽曳野はよく引き受けたなぁ。かなりの重荷だと思うんだけれど。

すいすい読めて、それなりに楽しめたけど、もっと羽曳野は渋谷のことで悩んでもいいのではいいだろうか。
なんかあっさりしていてちょっと不満。


それにしても、おじいちゃんもまさか羽曳野と渋谷がこんな関係になるとは思っていなかっただろうな…

「すべて愛になる日まで」

火崎勇「すべて愛になる日まで」 ill.あさとえいり 角川ルビー文庫

すべて愛になる日まで (角川ルビー文庫)すべて愛になる日まで (角川ルビー文庫)

角川書店 2004-07
売り上げランキング : 24082

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


珍しく既に出来上がったカップルのお話。
実輝が可愛らしい。羽鳥とはまた別の小動物系の可愛さ。
けれど、きちんと周りが見えていて、考えがしっかりしたお兄ちゃん気質なのもよかった。
これでただの甘えん坊だったら好きにはなれないキャラだろうな…

「この恋は君のもの」

火崎勇「この恋は君のもの」 ill.あさとえいり 角川ルビー文庫

この恋は君のもの (角川ルビー文庫)この恋は君のもの (角川ルビー文庫)

角川書店 2004-11-29
売り上げランキング : 249443

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


途中で投げ出した「すべて愛になる日まで」の続編。
そっちはこれから読もうと思っている。

クールビューティーかと思っていた羽鳥が可愛い。
西須賀が告白のタイミングを間違い、羽鳥も気持ちを吐露できなかったばかりに、すごい遠回りをした恋だった。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。