Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「First Love」/神江真凪

神江真凪「First Love」 ill.祭河ななを 二見シャレード文庫

First Love (二見シャレード文庫)First Love (二見シャレード文庫)
神江 真凪 祭河 ななを

二見書房 2008-06-23
売り上げランキング : 195002

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


受け視点の「First Love」、攻め視点の「Last Love」の2編収録。

「First Love」は、必要以上の人付き合いをしない真面目で堅物な高校教師・聡史の初恋の物語。
高校時代のつらい恋をして、その相手と突然再会する。
相手の瀬良は明るくて人気者。容姿も良くて、モデルをしている。
聡史は過去の経験から、もう二度と過ちは繰り返すまいと距離を置こうとするが、なかなか上手くいかない。
心の底では瀬良が電話してくるのが嬉しくて、会うともっと嬉しい。
どんなに傷ついてもつらい思いをしても、好きになってしまったらどうしようもなくなる。
瀬良はともかく、聡史はとっても可愛い。

「Last Love」は、これまで何人もの相手と特に深く考えることもなく付き合ったり抱き合ったりしてきた瀬良の、聡史と再び付き合い始めてからの物語。
「First~」では高校時代の話は割とあっさりしていたけれど、ま、結局瀬良が全部悪かったと言うことか。
自分の気持ちも相手も大事にしなかったから、聡史が離れていってしまった。
失ってから気づくことは多い。
話の本題は、再会してからは聡史一筋で大事にしているが、瀬良は自分の方が聡史を好きで、思っているほど聡史は自分を気にしてくれていないのではないかと不安になるが、実は聡史も同じように思っていたというもの。

まだまだふたりの仲は始まったばかり。
特に気になるのは、瀬良の今後。
聡史に溺れきっているので、浮気の心配はなさそうだが、仕事はどうするんだろう。
瀬良はモデルの仕事に執着がなく、聡史と会える時間の少ない今の仕事を辞めることを考えている。
でも、事務所の人も言っていたけど、あんた他の仕事できるのか。
まー聡史を本当に好きで好きでしょうがないみたいだから、迷惑かけるまいと働いてくれるだろうが、なんか不安……。

スポンサーサイト

「仇なれども」/剛しいら

剛しいら「仇なれども」 ill.今市子 キャラ文庫

仇なれども (キャラ文庫)仇なれども (キャラ文庫)
剛 しいら 今 市子

徳間書店 2004-10-27
売り上げランキング : 256092

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


イラスト目当てで購入して、ずいぶん寝かせていたけれど読んでよかった!
受けのなんと可愛らしいこと! 攻めもかなり受けを大事にしているのが感じられて幸せな気分になった。

時代は明治初頭、仇討ちが禁止されたというのに、美貌の海軍少尉・錦は兄を殺した仇を探していた。
それが幕末に藩校の先輩で、恋人だった一磨だった。

お話はふたりの出会いから別れまでの回想と、8年後に再会してからの物語。
恋愛メインとはいえ時代背景もしっかりしてるし(回想は架空の藩が舞台)、ちょっと物足りなかったとはいえ恋愛小説には充分な事件もあって読み応えがあった。

一磨は一本気通ったいい男で、剣の腕前もよく罪人になってからは警察の密偵として働くなどできる男。
しかも自分を仇と思っている錦に対してちゃんと操を立ててる一途さ。
錦も兄の仇と言いながら、本当はなぜ自分を置いていったのか、愛しさのあまり追いかけていて、可愛くてたまらなかった(武士だからしっかりしてはいるのだけれど、一磨のこととなるといじらしい)。

「指先がすれ違う」/小中大豆

小中大豆「指先がすれ違う」 ill.陵クミコ 白泉社花丸文庫

指先がすれ違う (白泉社花丸文庫)指先がすれ違う (白泉社花丸文庫)
小中 大豆 陵 クミコ

白泉社 2011-06-17
売り上げランキング : 4556

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


これがデビュー作だとか。
あらすじが気になったので読んでみたのだけれど…、う~む、もう一歩。

小塚は同僚・溝呂木に片思い中なのだが、社員旅行で寝ている後輩・桜庭にキスをしているところを目撃してしまう。
突っかかってくる溝呂木に口止めになんでもいうことを聞くよう脅してしまう。
脅されていいようにされる受けは数いれど、攻めを脅す受けはなかなかお目にかかれない。
珍しいと思って興味を持ったのだが、さらに面白いことに、小塚はセフレとラブホテルからでてくるところを溝呂木に見られ、あまつさえ写真にとられて逆に脅されるはめに。

なんて楽しい展開だろうとわくわくしたのに、残念なことに二人とも脅しの手が緩くてどろどろの泥沼にはまっていってくれない。
結局小塚は溝呂木が好きだから悪役に徹しきれないし(桜庭を泣かせたりはしたが、罪悪感から仲をとりもとうとした)、溝呂木も一度は小塚に恋をして脈無しだと思って諦めた経緯があったために小塚への想いが再燃して真っ直ぐに小塚に向き合う。
もっと互いに傷つけ合ってぼろぼろになってくれればよかったのに、なんて思ってしまったのだけれど、相手が好きだという気持ちが傷つけるのを躊躇ったというのは可愛いのかも。

「プライベートフライデー」/玄上八絹

玄上八絹「プライベートフライデー」 ill.鈴倉温 幻冬舎ルチル文庫

プライベートフライデー (幻冬舎ルチル文庫)プライベートフライデー (幻冬舎ルチル文庫)
玄上 八絹 鈴倉 温

幻冬舎 2011-08-19
売り上げランキング : 2216

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


「背中を抱きたい」のスピンオフ。
「背中~」は攻めがストーカーみたいだったという印象しか覚えておらず、読み返したほうがいいのかと思ったが本棚の整理中で探すのが面倒くさかったのでそのまま読み始める。
どうやら「背中~」には新倉という当て馬がいたようだ。
……まったく覚えてない…。

新倉(攻め)視点でストーリーは進む。
仕事ができて顔もよくて人当たりもいい非のうちどころのないようなモテ男なのだが、プライドとほんの少しの傲慢さが誤解を生んでいってしまう。
お相手・中谷の不器用さも二人のすれちがいの一端を担っているが、この中谷が可愛くて仕方ない。
第一印象は可愛げのない奴。真面目で潔癖、淡々と要点しか言わない口調、それでいて優秀だからやたら鼻につくのだ。
でもそれがすべて中谷の何か一つのことしかできないという不器用さ、一途なあまり新倉しか見えない不器用さだったのだと分かると、もう可愛くって可愛くってたまらなくなってしまった。
上手く恋人同士にまとまってくれてよかった。
新倉どうこうというより、中谷の長年の恋が報われたのが嬉しい。
この後のラブラブ生活を読んでみたいなぁ。
中谷がうろたえるほど新倉にはとことん甘やかして欲しい。

「夏からはじまる」/神江真凪

神江真凪「夏からはじまる」 ill.鈴倉温 二見シャレード文庫

夏からはじまる (二見書房 シャレード文庫)夏からはじまる (二見書房 シャレード文庫)
神江 真凪 鈴倉 温

二見書房 2011-05-24
売り上げランキング : 1293

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


プラチナ文庫がえろえろから撤退したとはいえ、えろ濃い目のレーベルが乱立するBL市場。
なかなかこんなにちょっとずつ段階を踏んでいく本物のピュアな恋を目にする機会は少ないんじゃないだろうか。
キスどまりをびっくりしてしまうなんて、私も腐ったもんだ。
しかしこの本はただ高校生のピュアな恋が珍しいってだけではなく、少しずつ変化していく感情や決して派手ではない出来事が丁寧に書かれているのだ。
好きだなぁ~って純粋に思った。

表題は圭一郎視点。
朔が脅すようにして始まった夏休み限定のお試しのお付き合いから本当の恋人になるまでの話だ。
誰にも本気で恋をしたこがなく、気ままに遊んできた朔が恋をしたのは真面目で地味で堅物の圭一郎。
軽くて明るい人気者と、暗い優等生というクラスでも両極端な二人である。
まともに納まるわけがない。


……とかなんとか色々書こうと考えていたんだけど、その後に観た映画(プリ○セス ト○トミ)があまりに酷くて、怒りでこの本の感想をころっと忘れてしまった。
負の感情は簡単にいい思い出を消し去ってしまうから大嫌いだ。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。