Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「たぶん好き、きっと好き」/遠野春日

遠野春日「たぶん好き、きっと好き」 ill.あさとえいり ダリア文庫

たぶん好き、きっと好き (ダリア文庫)たぶん好き、きっと好き (ダリア文庫)
遠野 春日 あさと えいり

フロンティアワークス 2008-07-11
売り上げランキング : 346566

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


男子校、同級生。
私は高校生ものには胸がキュンとくる甘酸っぱさを期待するのだけれど、高校生らしい恋のせつなさがなくて残念だった。

理央は綺麗な容姿から学校のアイドル的存在で、親衛隊も存在する。
けれど、そこはやりたい盛りの男の子(?)、密かに慕ってくる可愛い後輩をベッドに誘っている。
恋愛感情があるわけではなく、ただ気持ちいいことがしたいだけ。
あちらこちらつまみ食いをしている。

頭も切れる理央は上手く立ち回っていたのだけれど、一人の転校生によって理央の立場は危うくなる。
理央が二度ほど寝た一年生と親の再婚で兄弟になった葛西が、弟から理央の話を聞いて復讐を企むのである。

始まりが葛西の理央への“お仕置き”であるからか、愛情が感じられなかった。
会う前から理央への印象は最悪で、それは仕方がないのかもしれないけれど、最後までやり過ぎだと思った。
結局は、好きだから、奔放に後輩を弄んでいることが癪に障ってお仕置きにいたったのだろうし、好きだからこそ意地悪をして泣かせたいってことなんだろうけど。
とはいえ、弟にあんなことまでさせたり、自分の気持ちを告げることもしないのはつらかった。
(書き下ろしでは言っているんだけれど、この書下ろしが収録されていないノベルズ版は最悪だ…)
保健医が、好きを伝える努力が必要だと言っていたが、まさしくその通り。
言葉にして伝えるどころか、行動からもなかなか伝わってこない。
階段から落ちるところを身を挺して助けたのは、好きじゃなきゃできないだろうとは思うけれど…。
こいつ本当に理央のこと好きなんだろうか? と疑問に思ってしまう。

スポンサーサイト

「愛される貴族の花嫁」/遠野春日

遠野春日「愛される貴族の花嫁」 ill.あさとえいり SHYノベルス

愛される貴族の花嫁 (SHYノベルス)愛される貴族の花嫁 (SHYノベルス)
あさと えいり

大洋図書 2004-03-06
売り上げランキング : 156164

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


お前もっと喋れーー!

何度攻めに怒鳴りたくなったことか。
つまり言葉が足りないことで起こるすれ違いラブな話。
しかも言葉が足りないというのは、肝心なことを言わない所為で誤解が生じてしまうという類ではなく、本当に無口であまり話さないのである。

「恋人は不機嫌な絵本作家」/遠野春日

遠野春日「恋人は不機嫌な絵本作家」 ill.あさとえいり B-BOY NOVELS

恋人は不機嫌な絵本作家 (ビーボーイノベルズ)恋人は不機嫌な絵本作家 (ビーボーイノベルズ)
あさと えいり

リブレ出版 2007-03
売り上げランキング : 429093

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


ストーリー自体はBL界ではごく普通。
リストラにあった家事好きの主人公・淑真(よしまさ)が家政夫として派遣された先の家主と恋をするというもの。

面白かったのはキャラクター。
淑真はあとがきにも書いてあるように、あまり遠野さんが書かないような受けキャラ。そんなにたくさん読んでいるわけじゃないから断定できないけれど、少なくとも今まで読んだ中では異質。
さっぱり明るくて、屈託のない人好きのする性格なのだ。
結構本音をぽろぽろこぼすけれど、嫌味がないから気分は悪くない。
媚ないし、おしつけがましい説教もしないし、裏表もない。
友達に欲しいと素直に思ってしまった。

一方の攻め・延行には呆れるばかり。
いくら来る者拒まずの節操なしとはいえ、頓着しないにもほどがある。
延行は親同士の再婚で兄弟になった弟・主税(ちから)に誘われるままに寝ていたのである。
後半は嫉妬している姿が楽しかったからいいけど。

主税については淑真と正反対のキャラクターであった。
延行が好きで、淑真が延行に惹かれていることに気付くと恋路を妨害する嫌な子。
でも、二人が恋人同士になったあとはあっさり諦めて普通にしているのがよくわからなかった。
高慢ちきな態度をとりつつも、延行が自分を好きにならないとわかっていたのかもしれない。

後半でてきたミステリ作家と延行の新担当は正直要らなかったな。
なんかよくわからないんだけど仲違いしていて、主人公たち巻き込んで元鞘に収まりましたーって、邪魔な話のような気がしてならない。
あえて入れるほど魅力的なキャラクターだと思えなかったし。
延行がわかっていて嫉妬するのはいいんだけど(もしかして私の萌えポイント?)。

「桔梗庵の花盗人と貴族」/遠野春日

遠野春日「桔梗庵の花盗人と貴族」 ill.雪舟薫 SHYノベルス

桔梗庵の花盗人と貴族 (SHYノベルス)桔梗庵の花盗人と貴族 (SHYノベルス)
雪舟 薫

大洋図書 2004-11-10
売り上げランキング : 274843

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


貴族シリーズの何作目だか。
読むのは3冊目かな。あんまり好きじゃない。
明確にイラスト目当てだ。

子爵家の長男・胤人(つぐと)は友人にポーカーで負け、男色を好む男たちが集まる店にそうとは知らずに足を踏み入れる。
そこで同じ倶楽部で顔を合わせる資産家の三男坊・重貴に声をかけられる。
世間体を気にする胤人に重貴は黙っている代わりに身体を要求する。
重貴は好奇心からくる遊びで、胤人は口止めするために仕方なく、二人は重貴の祖父の妾宅・桔梗庵で逢瀬を重ねる。

問題なのは始まりもそうだが、なんといっても二人の性格である。
貴族の家に生まれ、貴族然とした矜持をもち、強情な胤人。
男色家で自由な考えを持つが、胤人に劣らず強情な遊び人の重貴。
お互い素直じゃない上、とんでもない不器用だったものだから、ずっと気持ちが空回り。
せめて年上の重貴が、胤人の気持ちの変化に気付いた時点で何かしら行動を起こすべきだっただろうに。
結局胤人が別れを告げ、弟に勇気付けられて重貴に会いに行ったときは、重貴が情けなく思えた。

この本では一番、胤人の弟・宗篤が気に入った。
胤人に恋心を抱いている彼だが、兄と重貴の関係にいち早く気付き、助言したりと聡明な優しい子だ。
きっと胤人が重貴と幸せにやっても、子爵家のよい後継ぎになるだろう。

できた弟と友人・諏訪に助けられなければとことん傷ついて終わっていただろうな。


「夢のつづき」

遠野春日「夢のつづき」 ill.金ひかる リーフノベルズ

夢のつづき (リーフノベルズ)夢のつづき (リーフノベルズ)
金 ひかる

リーフ出版 1999-03
売り上げランキング : 88579

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく



「茅島氏の優雅な生活」に出てくる内科医の話。
茅島氏の月に一度の健診を行い、友人でもあり、会うたびキスする仲の聖司である。

本編はお相手で外科医の友臣視点。
聖司に対して酷い態度をとったことがあったとはいえ、状況的には仕方がなかっただろうと思えるし、なかなか心の強い好人物である。

読みながら、茅島氏に聖司が登場した時系列を考えた。
あの話はきっとこのへん、茅島氏がああ言っていた時には友臣と幸せになった頃…
リンク作を知っていると楽しいもの。
(知らなかったらできない楽しみ方)

注目は聖司の兄、義明。
散々聖司に酷い仕打ちをするが、実は好きだったというもの。
だいぶはじめの方で気付いていたけど、ところどころに聖司への気遣いが見えて、こんな愛し方しかできない彼がかわいそうに思えた。
義明は聖司への気持ちを最後まで認めない。
たぶんあの性格では死ぬまで認めないだろう。
あまり義明について書かれていないのは残念だった。
彼の聖司への愛憎、性格の歪みの原因はどこかにあるはずである。
多分に家庭環境だと推測できるが、もっと聖司の家のことを知りたかったかも。

友臣視点の聖司との恋愛ストーリーとしては、ドロドロしすぎて邪魔になるかもしれないから、これくらいでいいのかな。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。