Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「罪な輪郭」/愁堂れな

愁堂れな「罪な輪郭」 ill.陸裕千景子 幻冬舎ルチル文庫

罪な輪郭 (幻冬舎ルチル文庫)罪な輪郭 (幻冬舎ルチル文庫)
愁堂 れな 陸裕 千景子

幻冬舎 2013-02-15
売り上げランキング : 268

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


私の数え間違えでなければ、14巻目。
陸裕千景子さん描き下ろし漫画24ページを加えた罪シリーズ10周年短編集。

このシリーズが好きな人なら楽しめる。
既刊を読んでいなければ何が何だか分からない話も多いのは注意。
私はとても楽しく読めたし、時々ちょっとほろりとなった。
ごろちゃんの家族の問題は、たぶん相当長く時間をかけるか、死ぬまでお母さんには隠しておくしかないんだろうなぁ。

漫画はたぶんオールキャストで、楽しくもあり、涙もありですっごくよかった。
10周年にふさわしい。上手いなぁ。

スポンサーサイト

「罪な裏切り」/愁堂れな

愁堂れな「罪な裏切り」 ill.陸裕千景子 幻冬舎ルチル文庫

罪な裏切り (幻冬舎ルチル文庫)罪な裏切り (幻冬舎ルチル文庫)
愁堂 れな 陸裕 千景子

幻冬舎 2011-07-15
売り上げランキング : 806

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


罪シリーズ12巻目。
この著者、あまり好きではないがこのシリーズだけは別格。
相変わらず捜査方法に疑問が残るが…。

今回は事件がふたつ。
良平がある事件を捜査中に、彼に脅迫状が届く。
ふたつの事件に接点があるのかと思いきや、まったくなかったのだが、なるほど“裏切り”がちょっぴり切ない感動系の結末となる。
犯人はバカとしか思えないのだが。

そして何より特筆すべきはごろちゃんのアパート。
思い出のいっぱいつまったアパートが爆破されてしまったのだ。
別段良平とごろちゃんの思い出はどうでもいいのだが(オイ)、里見が忘れられない。
ごろちゃんの荷物もダメになってしまったようで、中にあった里見からの年賀状や写真が失われたことを悲しんでいるようだった。
このシリーズの一ファンとしては、里見は忘れがたいキャラクターだもの。

それから、ちらっと書いてあった、一人暮らし用の1DKなのに良平が住み着いていることに大家がお目こぼししているという記述。
やっぱり殺人犯が自殺した部屋では次の借り手が見つからないんだろうなぁと大家を哀れに思ってしまった。しかも他の部屋は無事だったとはいえ爆破されたなんて!
良平とごろちゃんの神経の図太さにも感心。
親友とはいえ人が死んだ部屋でいちゃいちゃできるなんて。

「闇探偵~ラブ・イズ・デッド~」/愁堂れな

愁堂れな「闇探偵~ラブ・イズ・デッド~」 ill.陸裕千景子 ルナノベルズ

闇探偵 ~ラブ・イズ・デッド~ (ルナノベルズ)闇探偵 ~ラブ・イズ・デッド~ (ルナノベルズ)
愁堂 れな 陸裕 千景子

ムービック 2010-09-30

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
セブンネットショッピング→闇探偵 ラブ・イズ・デッド

お気に入り度 ハート 薄ぴんく


【あらすじ】
恋人と同棲中の君雄は、濡れ場の盗撮写真をネタに男に脅迫されている。だが果てない金銭の要求に、恋人が応えられなくなると、男は君雄の美貌に目をつけ、身体で稼げと言い出した。二人の幸せを守るため、男の殺害を決意した君雄は、包丁を胸に忍ばせ夜道を急ぐ。けれど寸前で秋山と名乗る男に、殺意を見抜かれてしまい…。秋山の巧みな誘導に事情を白状させられた君雄は、彼に全てを任せることに。しかし当日現れた秋山はどこからどう見てもやくざで―。


陸裕さんは大好きなイラストレーターさん。
けれどやっぱり中身が大事だと、イラスト買いは極力控えようと努力中なのだが、その思いを一層強くした。

罪シリーズと淫らシリーズで活躍のゲイバーのママ・ミトモ。
彼(彼女?)がメインの話はこれなんだとか。
ネットかなんかで掲載していたらしい…。

ミトモは脇役なのでともかく。
主人公・ミオ(君雄)はミトモと口げんかする威勢のいい子だった。
相手の慶太は猫っぽいのが好きらしいが、猫より犬だよね…わんわんキャンキャン騒いでる感じ。

慶太の仕事内容に関してはまだ秘密だというので、まだまだこのシリーズは続くらしい。
だとしたら、もっと骨のある事件にして欲しい。
今回はミオが強迫されて云々っていうのが導入で、さらに大きな事件に繋がって~って想像していたのに、あっさりしていて肩透かしをくらってしまった。
エロシーンをすべてすっ飛ばしたら読むところないじゃないか…。

「忘却の報讐」/愁堂れな

愁堂れな「忘却の報讐」 ill.水貴はすの ダリア文庫

忘却の報讐 (ダリア文庫)忘却の報讐 (ダリア文庫)
愁堂 れな 水貴 はすの

フロンティアワークス 2010-08-12
売り上げランキング : 6800

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


デビュー3作目の新装版。
中学の後輩・大手ゼネコン勤め×先輩・オフィスビル向けエレベーターを扱う電器メーカー勤め。
昔受けだった攻めががたいのいい男になって、すっかり忘れていた受けに酷いことをするという話。

会社同士の取り引きで攻めの方が優位であるため、その立場を利用して岡橋は柳井にあれやこれや卑怯な手を使っていいように弄ぶ。
柳井視点で進むのだが、注目すべきは岡橋。
柳井を好き放題して、会社での立場を悪くしている原因の一端を担っているというのに、いざ仕事のために寝ているというそぶりを見せられると、翌日は飲んだくれる…。

純情だった岡橋少年にイロイロ教えて、忘れない手紙を書くっていう約束もすっかり忘れたことへの恨みだと岡橋は言うけれど。
根底にあるのは柳井が好きで好きでしょうがなくて、強い執着心から欲しくてたまらないという恋。
それが伝わってくるから、お前はアプローチの方法を間違っているよと苦笑いしたくなる。
イラストの水貴先生のあとがきに岡橋は『「すがりつく」イメージ』と書かれていて、思わずうなずいてしまった。

最後の公園で会うシーンはちょっと切なくてよかったな。

「裏切りは恋への序奏」/愁堂れな

愁堂れな「裏切りは恋への序奏」 ill.あさとえいり アイノベルズ

裏切りは恋への序奏 (アイノベルズ)裏切りは恋への序奏 (アイノベルズ)
あさと えいり

雄飛 2005-02-23
売り上げランキング : 539423

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


二時間サスペンス風。
事件自体は企業と政治家の贈収賄で、大掛かりな仕掛けなどはないので推理などはなし。
サスペンスに期待してはいけない。でも楽しかった。

叔父が贈賄に関わっていたとして、逮捕されたり解雇されたり散々な目に遭う主人公・智彦。
頼る人間がいない中、行方不明の叔父の捜索を私立探偵・鮎川に依頼する。
智彦はお金がないので、労働で払うことに。

受けが女装するのはよく見かけるけれど、攻めもっていうのは珍しい気がする。
遊びでやってるんでじゃなくて、仕事のために真面目にやってる。
鮎川の初登場シーンも女装だし。
智彦と女装した鮎川のキスシーンはどきどき。
童顔で物慣れない雰囲気の美青年が年上の妖艶な美女にってなんか、ねぇ…。
あさとさんのイラストがよく似合っていてよかった。

ストーリーではタイトルの「裏切り」がなるほど!!って感心したのと同時に、ちょっと切なくなった。
(二重になっていたと考えていいのかな?)
罪シリーズと同じような感じで、プロローグとエピローグが挿入されているのだが、うぅ…切ない。
惜しむらくはもうちょっと鮎川の友人・姫井についてもっと書かれているとよかったのに。

あとやめて欲しかったのが、智彦の鮎川への呼称。
いくらかっこいいからって、恋人に「ボス」って呼ばせるのはどうかと思う。
まぁ、智彦もかっこいいと言っていたから良いのかもしれないけれど、某缶コーヒーが頭に浮かんでしまって笑いを堪えるのが大変だった。
せめてベッドの中くらい名前で呼ぼうよ。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。