Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「はつ恋」/榎田尤利

榎田尤利「はつ恋」 ill.小山田あみ B-BOY NOVELS

はつ恋 (ビーボーイノベルズ)はつ恋 (ビーボーイノベルズ)
小山田 あみ

リブレ出版 2009-10
売り上げランキング : 28362

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


殺伐として他人に関心を持たない弁護士、31歳。
ある日、高校時代の教師の葬式に出席した帰りに事故に遭う。
そして、目覚めるとなんと17歳の自分の身体だった。

ちょっとしたファンタジー設定。
これは最後は未来が変わってしまったということか?
なんか色々書きたいことがあったはずなんだけれど、忘れちゃった。

14年の歳月というのはとても大きい。
今の自分で14年前をやり直したら、どうにもできないことも多いだろうけど、当時見えていなかったことが見えてくる。
そうして恋をして、傷ついて。

あんなに他人のことなんてどうでもよかった弁護士が、年上に恋する可愛い男になっていた。

恋ってすごいなぁ…。

スポンサーサイト

「犬ほど素敵な商売はない」/榎田尤利

榎田尤利「犬ほど素敵な商売はない」 ill.志水ゆき SHYノベルス

犬ほど素敵な商売はない (SHYノベルス164)犬ほど素敵な商売はない (SHYノベルス164)
志水 ゆき

大洋図書 2006-06-26
売り上げランキング : 58785

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


愛されたことのない寂しい犬と、独占欲と執着心の強い寂しいご主人様の話である。

倖生は名前負けしていて、幸せを感じたことがない。
知り合いに紹介されたPet Loversというクラブで働き始める。
彼の最初で最後になった客が轡田である。
轡田の倖生への要求は、主人に従順な犬になることだった。

最初は嫌がっていた倖生だが、轡田が犬として甘やかされる生活に嵌っていく。
変な意味でのプレイではなく、本当に犬と主人の関係に二人は嵌っていった。
なんとなく本気で犬をやっている倖生を冷静に読めず、恥ずかしくてしょうがなかった。

その倒錯的な遊びがあまりに強烈だったからか、本気で恋をしたことがなかったからか、倖生は犬である自分のご主人様とは別の感情があることに気付くのは怒った轡田に捨てられ落ち込んでいるときに女友達のナナに相談してからだった。(このナナという女性がなんか好きだ)
一方の轡田は独占欲と執着心が強い人間で、前の恋人をそれで傷つけてしまったことを後悔して新しい恋人を作らず、寂しさを紛らわせるため、犬を欲し、しかし犬は早く死んでしまうから犬は飼わない寂しがりやでもあった。

ラスト、やっと恋人同士になったふたりの甘さがいい。
でもやっぱり犬は恥ずかしい。


読んでいる最中、轡田のキャラクターから「冷たいシーツの上で」の厳原が思い浮かんだ。
厳原も独占欲の強い男で、過去に恋人と別れた原因に厳原の性格があり、そしてどちらの作品も受けが元恋人と話をして背中を押されている…。
共通しているのはそれくらい。

「犬ほど~」は充分おもしろいし、これぞBLのエンターテイメントだと思う。
ただ、轡田と倖生の寂しくて愛されたいという気持ちは察するけれども、犬と主人という関係を本気でやっていた二人の感情は理解し難いし、あまり本の中に入り込めなかった。
だから「冷たいシーツの上で」を思い出したのかもしれない。

「ごめんなさいと言ってみろ」

榎田尤利「ごめんなさいと言ってみろ」 ill.北上れん BBN

ごめんなさいと言ってみろ (ビーボーイノベルズ)ごめんなさいと言ってみろ (ビーボーイノベルズ)
北上 れん

リブレ出版 2006-08-12
売り上げランキング : 128912

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんく

                                              
ごめんなさいと謝罪するなんてもってのほか!
超意地っ張り同士の恋愛は大変そうだ…。

売れっ子ハードボイルド作家・久々野×人気少女漫画家・律。
でも実はお気に入りキャラクターは律のいとこ、麗(うらら)。
すごい美人なイラストだけど、実は…っていうのも面白かったけど、ちゃっかり悪巧みに加担して利を得ようとするところも憎めないんだなぁ。
こんないとこがいる律が羨ましい。

律と久々野は最悪の出会いを果たし、その後もぶつかり合う。だんだん久々野が律に興味を示していくのがいい。
バツイチ、子持ちのいい大人が十も下の若者に惹かれていくなんて面白いじゃないか。
しかも、相手はまったく気付く気配がない。
それどころか、麗に気があると勘違いして罠にかけて笑いものにしてやろうと仕掛けてくるのである。
さらに、付き合っていた彼女が親友に寝取られ、妊娠し結婚するから落ち込んでいると思いきや、本人は気付かないけど彼女ではなく親友が実は好きで彼が結婚するからショックを受けている…。

先に恋したほうが負けなのか、謝ったのも久々野。
嫉妬して勘違いして、いらんことを口走る男は格好悪い…。
そこが面白いからいいんだけど。

「ワークデイズ」

榎田尤利「ワークデイズ」 ill.高橋悠 SHY NOVELS

ワークデイズ (SHYノベルス86)ワークデイズ (SHYノベルス86)
高橋 悠

大洋図書 2003-05-30
売り上げランキング : 95408

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート えんじ


吾妻&伊万里のスピンオフ。
いいやつなんだけど、報われない。
個人的には伊万里よりずっと恋人に最適だと思う男、王子沢がやっと幸せになれる一冊。

「オール・スマイル」から約2年後らしい。
相変わらずアヅマリは熱々。
伊万里が若干、人当たりが柔らかくなっているのが可愛い。

そんな伊万里より可愛かったのは、王子沢のお相手、榊孝美。
王子沢も榊も、どちらも家庭に問題を抱え、それぞれ暗い部分を隠し持っている。
けれど、ふたりは性格がまったく違う。
堅くて、冗談も言えず、生真面目一方の榊はだいぶ生きづらそうだった。
それが王子沢にかかると、初めはイライラしつつもずっと突っ張っていた何かがほどけていくのがよくわかる。
意外とうぶで純粋で、酔うと本音がぽろぽろ出ちゃってなんと可愛いやつ。

榎田さんの本で今のところこの本を含め、アヅマリシリーズが一番好きである。

「オール・スマイル」

榎田尤利「オール・スマイル」 ill.高橋悠 SHY NOVELS

オール・スマイル―吾妻&伊万里 (SHYノベルズ64)オール・スマイル―吾妻&伊万里 (SHYノベルズ64)

大洋図書 2002-02-15
売り上げランキング : 95352

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート えんじ


アヅマリ3巻。これで本編終了。
タイトルどおり大団円だった。
いや、王子沢は不憫で不憫で不憫だったけれども。

王子沢は本人も最後の方で自負しているように、軽く振る舞ってはいるがかなりイイ男である。
伊万里の方が格が上に見えるけれども、この一冊に起きた大事件でよくわかるように、かなり弱いところのある人間だ。

吾妻は痛い目に遭いはしたが、ホント、吐いたりしてはいるけどタフである。
やっぱり笑顔でいて欲しいよなぁ、吾妻には。

笑ってしまったのは冒頭の吾妻の夢。
んでもって河川敷さんに浮上した恋愛。うまくいってほしいような、ほしくないような…。

伊万里も吾妻も、吾妻に振られた王子沢もつらい一冊だけれども、なんでか始終笑いっぱなしで楽しかった。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。