Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あの空に落ちてゆく」/真崎ひかる

真崎ひかる「あの空に落ちてゆく」 ill.あさとえいり ダリア文庫

あの空に落ちてゆく(ダリア文庫)あの空に落ちてゆく(ダリア文庫)
真崎ひかる あさとえいり

フロンティアワークス 2013-01-12
売り上げランキング : 417930

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


なんだかひさびさにあさとえいりさんのイラストを見た気がする…。
表紙買いした一冊なのだが、作者とあらすじはきちんと確認した。
なるべく失敗したくない。

兄×弟で、再会もの。
主人公・廉はちょー貧乏な19歳。
小学生になったばかりの父親違いの妹と、遊び暮らしている最悪継父の三人暮らし。
なのだが、継父がやばいところに借金作って出奔。
廉は可愛い妹のため、幼い頃に別れたきりの実の兄・吉宗を訪ねるのだった。

貧乏な廉と違って、十歳上、十五年ぶりに会った吉宗は大企業の社長さんで大金持ち。
廉と妹を一緒に住まわせてくれるのだが、
廉に「お前を弟だとは思わない」と言う。

まぁ、どういう意味なのかは、
この本がBLである時点ではっきり予想がつき、
期待を裏切らない意味である。
なんというか、すごく安心して読める。
着地点がはっきりしていて、
心穏やかに読めるのって気持ちいいんだよね。
吉宗の不器用な行動も可愛いと思えるし、
脇で花を添えてくれる妹は愛らしいし、
吉宗の友人も面白い。

唯一私がこの本で駄目だったところと言えば、
兄の名前だけ。
吉宗という名前を見るたび、
暴れん坊将軍のオープニングが私の頭の中を……。

スポンサーサイト

「誘惑プラシーボ」/真崎ひかる

真崎ひかる「誘惑プラシーボ」 ill.三池ろむこ 二見シャレード文庫

誘惑プラシーボ (二見書房 シャレード文庫)誘惑プラシーボ (二見書房 シャレード文庫)
真崎 ひかる 三池 ろむこ

二見書房 2012-02-24
売り上げランキング : 1331

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


さっさと読まないから積んじゃうんだ、と思って届いてすぐ読んでみた。
下ネタ直球、笑って楽しむBL、あらすじで期待したとおり!
とても面白く読めた。クスクス笑いながら。

下がツルツルって書いてあるけど、実際はうっすら産毛程度には生えてるらしく、残念なことに(本人は攻めに嬉しそうに報告しているがせっかくの天然パ○パン?なのに…)偽薬効果か肉体的にオトナになってしまったせいか濃くなってきているらしい。
もひとつ残念といえば、どうせならえっちの最中も受けの下がツルツルってことを活かした描写をたくさん入れて欲しかったなぁと。

「手をつないで、ずっと」/真先ゆみ

真先ゆみ「手をつないで、ずっと」 ill.北上れん リンクスロマンス

手をつないで、ずっと (リンクスロマンス)手をつないで、ずっと (リンクスロマンス)
真先 ゆみ 北上 れん

幻冬舎コミックス 2010-05
売り上げランキング : 205049

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんく


1年以上寝かせていたけれど、イラスト目当てで購入した1冊。
やっぱり北上れんさんはいいなぁと惚れ惚れしながら読んだ。

で、内容のほうはなかなかに楽しめた。
主人公・清和がいいコで、敵を作らず皆と仲良くしたくて、嫌われたくない・不愉快にさせたくないから言いたいことを我慢している。
読んでいてイラッとくるような描写はなく、清和の気性の穏やかさと鈍感なところにほんわかした気持ちにさせられた。
お相手は同学年・一歳上・他学科の椿本。かなりの嫉妬深さと執念深さを隠した男。
清和の親友が呆れていたのが面白いけど、もっとインパクトがあるエピソードが欲しかったかも。

ストーリーとしても大きな浮き沈みはなくて、そこはやや不満だし印象に残らないと思うけれど、ゆっくり穏やかな気持ちでBL読みたいって時にはすごくいい1冊だと思う。

「オヤジだらけのシェア生活」/松雪奈々

松雪奈々「オヤジだらけのシェア生活」 ill.麻生海 二見シャレード文庫

オヤジだらけのシェア生活 (二見書房 シャレード文庫)オヤジだらけのシェア生活 (二見書房 シャレード文庫)
松雪 奈々 麻生 海

二見書房 2011-09-22
売り上げランキング : 4221

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんく


敗因はただひとつ。
私がオヤジは苦手ってこと…。

ストーリー的にはなかなか面白いのかな。
オヤジは4人なので、だらけってほどじゃないけど、それぞれ個性があって楽しいし。
主人公がEDなので、それを直す過程もなかなか。
クララ云々の帯が一番面白い気もしないでもないケド…。

「Try me free」/松前侑里

松前侑里「Try me free」 ill.高星麻子 新書館ディアプラス文庫

Try Me Free (新書館ディアプラス文庫)Try Me Free (新書館ディアプラス文庫)
松前 侑里 高星 麻子

新書館 2005-07
売り上げランキング : 180417

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんく


最近社会人×高校生が読みたくてたまらない。

サラリーマン・隆司×高校生・冴。
電車で隆司に一目惚れした冴は街で偶然再会し、猛アタックする。
この本の面白いところは、隆司がセールスプロモーション会社に勤めていて、彼の仕事であるイベントプロデュースを利用していること。
ジュースなどの商品の試供品のように、冴のことも実際に試して欲しいと言うのだ。
自分が言ったことを逆手にとって子どもにしてやられた形だが、隆司はお試しデート7回を承諾する。
冴はそれでダメなら諦めることになる。

隆司に言われて冴はデートをプロデュースすることになるが、デートもそれ以外もそうそう上手くはいかない。
冴は複雑な家庭環境で育ってきたし、隆司は過去の恋に未練があってずるずる引きずっている。
別れのつらさと寂しさを知る冴は隆司の終わりかけた恋をなんとかしようとする。
結構きゃんきゃん小うるさい小型犬みたいなタイプだけど、可愛く思えるのは相手のために自分の利益にもならないのに一生懸命になるところ。
ピュアな恋だなぁ。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。