Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「吸血鬼とまぼろしの舞踏会」/倉世春

倉世春「吸血鬼とまぼろしの舞踏会」 ill.蘭蒼史 集英社コバルト文庫

吸血鬼とまぼろしの舞踏会 (白薔薇と吸血鬼シリーズ) (コバルト文庫)吸血鬼とまぼろしの舞踏会 (白薔薇と吸血鬼シリーズ) (コバルト文庫)
倉世 春 蘭 蒼史

集英社 2009-06-02
売り上げランキング : 662071

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんく


「白薔薇と吸血鬼」の続編。
自分を吸血鬼だと思い込んでいた女伯爵・フロリアンと彼女に仕える吸血鬼の少女・マイア、美形なのに変人の公子・カディスが国王主催の舞踏会にいく…という話。

ちらりとマイアが吸血鬼になった過去が見えたり、フロリアンの儚い恋が胸にくる。
カディスは変人過ぎて、吸血鬼であることに苦悩しているマイアに対して無神経で、正直マイアをこいつだけには嫁にやりたくないと思ってしまった。

前作を全く知らなくても読める安心設計は嬉しいけど(前作を全く覚えていなかったけど読めたんだからこれは確か)、ちょっと物足りなさを感じた。

スポンサーサイト

「天命の王妃 占者は未来を描く」/日高砂羽

日高砂羽「天命の王妃 占者は未来を描く」 ill.起家一子 集英社コバルト文庫

天命の王妃 占者は未来を描く (天命の王妃シリーズ) (コバルト文庫)天命の王妃 占者は未来を描く (天命の王妃シリーズ) (コバルト文庫)
日高 砂羽 起家 一子

集英社 2010-04-01
売り上げランキング : 326084

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんく


中華風ファンタジー少女小説探し、その2。
作者が中国を学んでいたらしく、設定はとてもよくできている。
うん、設定は……。

主人公は占い師で、でも良く当たるのに閑古鳥が鳴いている。
なぜなら正直にずばずば言い過ぎだから。
はきはき元気のいい庶民が皇帝の甥の妃に無理矢理されてしまう、というよくある花嫁もの。
主人公は最初は感じがいいかなと思っていたのだけれど、なんかすっと入ってこない。
彼女の兄も相手役もカッコイイとときめいていいはずなのに魅力を感じない。
さらに言うなら主人公の一族は石占いで不思議な力を使えるのだが、その秘密が出てくるのが早くて呆気ない…。
もっと欲を言うなら、良く当たる占いが出来るなら占いでどうにか事件を解決して欲しかった。不思議な力でばばっと一気に解決、ではなく、占いで頭使って欲しかったなぁ~って。
それは欲を言い過ぎかな…。

設定とか上手いのにいまひとつ魅力を感じない、一番大事な何かが足りないちょっと残念な一冊だった。
2巻以降どうなのかな、でもこっちより前に読んだ「淵国五皇子伝」の方が面白そうだなー。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。