Rosacyanin

のんびり気ままなBL小説中心の読書記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「憂鬱な朝 3」/日高ショーコ

日高ショーコ「憂鬱な朝 3」 キャラコミックス

憂鬱な朝 3 (キャラコミックス)憂鬱な朝 3 (キャラコミックス)
日高 ショーコ

徳間書店 2011-05-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんくハート 赤


1、2巻の感想を書いていないことに気がついた。
読んだら何でもいいからとりあえず書くと決めたくせに、ずぼらでいい加減な性格が丸出し。

それはいいとして。
3巻はすごーく劇的に物語が動いた気がする。

暁人の友人、石崎のセリフが端的にふたりをよく表していて確かに、と頷いてしまった。

お前たちは 矛盾の塊だな
言っていることと やっていることが バラバラなんだよ(p.194)



二人の言動が一致しないこともそうだけど、暁人と桂木が噛み合っていなくてバラバラでもある。
さすが切れ者の桂木が教育係だったことはあって、暁人も裏で手を回しあれこれと策略を巡らせる。
ただ一心に桂木が欲しくて、傍にいたいだけなのに、なかなか思い通りにはいかない。
難しい時代背景の中、それぞれ動き出した二人がどうするのか、続きが楽しみ。

スポンサーサイト

「逢えるかもしれない」/春原いずみ

春原いずみ「逢えるかもしれない」 ill.麻生海 アクア文庫

逢えるかもしれない (アクア文庫)逢えるかもしれない (アクア文庫)
春原 いずみ 麻生 海

オークラ出版 2004-01-17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
セブンネットショッピング→逢えるかもしれない

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんくハート 赤


再読。
マイBLの殿堂の1冊。

作者が医療関係者だそうで、医者ものBLの中では際立って医療シーンがしっかり書かれている。
ただ白衣を着て病院に勤めている設定というだけではないので、臨場感も感じられる。

このシリーズの何が素晴らしいって、医療シーンが本格的というだけではない。
(しっかり調べて書いている作家さんもいらっしゃるし)
終始穏やかに進む展開と、ラブが前面に出ていないのにほのかに感じられる絶妙な雰囲気!
そして直情的で正直で自信にあふれる吉永と、クールで本心を表に出さない内海が好きで好きでしょうがないのだ。

特に最初の頃の患者のカルテを介して喧嘩腰で互いの実力を試し合い、内海がひょうひょうと吉永を手玉に取っているところはわくわくする。
後半、内海の弱味を吉永が知ってから、じわりじわりと距離が近づき、時々ぽろっと本音をもらす内海の可愛いこと!

脇役もよくて、吉永の上司・設楽(女性)も頼れる姉御でカッコよくて好きだなぁ。
さて、続きはどうしようかな…

「Un roman de I'amour」(全サ小冊子)/高遠琉加

高遠琉加「Un roman de I'amour」 2ヶ月連続刊行記念小冊子/角川ルビー文庫

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんくハート 赤


今年1月発売「成澤准教授の最後の恋」、2月発売「好きで好きで好きで」(新装版)の全サ小冊子。
楽しみに待っていたのでとても嬉しい。
2編収録のA5サイズ全32ページ。

あとは「愛と混乱のレストラン」の全サが届いて、「世界の果てで待っていて」が発売して…。
今年は高遠琉加イヤーだなぁ


「屋上のスタンダール」(「成澤准教授の最後の恋」番外編)

蒼井が働く編集部の副編集長・葛城視点の高校時代の成澤。
これが高校生か!?ってくらいすかしたやろーなナルナル。
女をとっかえひっかえ状態なのだが、葛城にスタンダールの「恋愛論」を話しているところをみると、恋をしているというより恋に憧れているだけのよう。
彼の初恋は蒼井なのだから恋をしていないのは当然なのだが、高校生の成澤は意外に純情だったようだ。
簡単にぽいっと振って泣かせてしまっても何も感じないあたりは酷い男なのだが、根底にあるのはフランス文学のような恋愛への憧憬なのである。
大人の成澤は駆け引きを楽しむ狡猾さを身につけて遊んでいたが、まだ子どもの彼は素直でちょっと可愛らしく思えてしまう。

そして蒼井にめろめろな成澤も読めて大満足。
やっぱりナルナルは可愛い人なのかも知れない。


「恋は雪のように降りつもる」(「好きで好きで好きで」番外編)

ノベルズ発売時に小bに掲載されたショート。
二人が高校生の時、三浦が告白する前のほのぼの日常。
お鍋いいねぇ。
家庭の味が一番出ると思うんだ。

「甘い運命」

高遠琉加「甘い運命」 ill.麻生海 二見シャレード文庫

甘い運命 (二見書房 シャレード文庫) (二見シャレード文庫 た 2-14)甘い運命 (二見書房 シャレード文庫) (二見シャレード文庫 た 2-14)
麻生 海

二見書房 2010-02-23
売り上げランキング : 119

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんくハート 赤


待ちに待った「愛と混乱のレストラン」のスピンオフ。
パティシエの一(いち)の話である。

読み終わって自分の気持ちがあまり整理できていない。
もう一回読んで、冷静になってからもう一度感想を書きたい。
とりあえず最初に読んで感じたこと。

「好きで好きで好きで」(新装版)

高遠琉加「好きで好きで好きで」 ill.六芦かえで 角川ルビー文庫

好きで好きで好きで (角川ルビー文庫)好きで好きで好きで (角川ルビー文庫)
六芦 かえで

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-02-01
売り上げランキング : 842

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入り度 ハート 薄ぴんくハート ちょっと薄ぴんくハート ぴんくハート 濃いぴんくハート 赤


やっぱり高遠さん大好きだ!!
今月は一の本も出るので楽しみ♪


ビブロス版も読んでいるので、本作を読むのは2度目。
私はこっちの方が好きだ。

加筆修正されていて、明らかに変わっているところと、微妙に変わっているところがある。
とりわけ最後が場所が変更されていてよかった。
病院はやめようよ、病院は……とせっかく苦しいせつなさでいっぱいだった気持ちがしらけたから。

Menu

最新記事

プロフィール

和音

Author:和音
本と薔薇をこよなく愛す。

ボーイズラブが9割以上です。
ネタバレにお気をつけ下さい。
薔薇の栽培日誌→薔薇に恋して。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
↑一応参加中。
ポチしていただけると嬉しいです♪

お気に入り度

独断と偏見とその日の気分によって決定。

【BL系】
さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

【BL以外】
:さよなら ×1:そこそこ
×2:普通 ×3:好き
×4:大好き ×5:お宝

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

タグリスト

整理中。

読書メーター

和音の最近読んだ本

カウンター

since 2009/08/03

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。